おまとめローンでキャッシングの一本化が出来る、低金利の借り入れ先に注目です。

おまとめローンと総量規制

総量規制とは貸金業者からの借り入れを、年収の3分の1までに制限をする貸金業法で定めている規制となります。貸金業者にあたる消費者金融と呼ばれている業者からの借り入れは、フリーキャッシングは総量規制の対象となるために年収の3分の1以上は借りられません。

しかし、総量規制にはいくつかの例外が設けられており、おまとめローンなどの「利用者が一方的に有利になる借り入れ」については、総量規制の対象とはしないとしています。貸金業法上ではおまとめローン利用なら貸金業者からも年収の3分の1以上の借り入れは認められていますが、実際に借りられるかは別問題です。

消費者金融は多くを貸さない

いくらおまとめローンは総量規制の例外と言っても、消費者金融が大きな金額を貸すケースは稀です。基本は少額融資となり、総量規制の範囲内での貸付しか行いません。

ネット上には「おまとめローンは総量規制対象外だから、多くを借りていても大丈夫」などと書かれていますが、実際には大丈夫ではありません。総量規制の例外なら必ずしも年収の3分の1を超える借り入れが出来るわけではないのです。

消費者金融の中にはおまとめで人気のサービスもありますが、利用が出来る金額は銀行と比べると小さくなる傾向にあります。どちらかと言えば総量規制内での少額のおまとめとなり、金利も低金利の銀行カードローンと比べると劣るので、多くのキャッシングを低金利でまとめたい場合には、銀行でのおまとめローン利用を考えておきましょう。

銀行も無理に多くは貸さない

とは言え、銀行のカードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しくなっているため、簡単に大きな金額を貸してくれるわけではありません。銀行と保証会社の審査基準にクリアをし、返済ができる範囲内での融資となるため、誰でも大きな金額が借りられるわけではないのです。

銀行といえども年収に対しては無理のある貸し付けは行わず、総量規制で定める年収の3分の1は基準として見ているとされています。範囲内であれば話は別ではありますが、年収に対しての借り入れが多すぎるといった方は、申し込みの際には注意が必要です。

トップへ戻る