おまとめローンでキャッシングの一本化が出来る、低金利の借り入れ先に注目です。

限度額ごとの金利設定

来店不要で申し込みから契約まで進められる頼れるオリックス銀行のカードローンは、金利が限度額ごとに決められているのが特徴です。限度額が上がるにつれて金利が下がるようになっており、大きな金額での契約となれば低負担の金利で借りられます。

他社で大きな金額で高い金利で借りている方、複数の借り入れ先からそれぞれ上限金利で借りている方などは、オリックス銀行カードローンへの借り換えやおまとめローンの利用で金利負担が軽くなる可能性があります。

100万円以上の借り入れに向く

オリックス銀行カードローンの金利は全体で見ると年1.7%~17.8%と、上限金利では他の銀行カードローンより劣るのが事実です。しかし、上にも挙げたようにオリックス銀行カードローンの金利は限度額によって決まるため、大きな金額を借りる際の上限金利は17.8%とはなりません。

100万円以上の借り入れとなれば現在の定められている上限金利の関係で消費者金融で借りるとしても15.0%までの金利となりますが、オリックス銀行カードローンで100万円~150万円以下で借りるとなると、金利は年6.0%~14.8%となります。

さらに大きな金額となる150万円超300万円以下となれば金利は年5.0%~12.8%となり、審査の結果によって決まる金利も150万円超300万円以下の限度額なら、どんなに高くなっても年12.8%までとなっています。

それ以上のまとまった金額を借りる際にはさらに金利は段階的に下がり、最も大きな限度額の設定である700万円超800万円以下の場合には、金利は年1.7%~4.8%となります。

第00位

オリックス銀行カードローン

大きな限度額とならないと金利低下は期待出来ないものの、口座開設不要で安心です。

金利限度額審査時間所得証明
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで原則不要
上限金利は決して低い水準とは言えませんが、限度額ごとに金利が変わるコースが定められているので、大きな枠での契約となれば低金利でのカードローン利用も可能です。申し込みも契約も来店は不要となり、オリックス銀行での口座開設も不要としているので、余計な口座を増やさずにおまとめローン目的で借りられるのが魅力です。提携ATMでのカード利用は終日いつでも無料となるのも良い点です。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る
コース 限度額 金利(年)
100万円未満 100万円未満 12.0%~17.8%
100万円 100万円 6.0%~14.8%
150万円 100万円超
150万円以下
200万円 150万円超
200万円以下
5.0%~
12.8%
300万円 200万円超
300万円以下
400万円 300万円超
400万円以下
4.5%~
8.8%
500万円 400万円超
500万円以下
600万円 500万円超
600万円以下
3.5%~
5.8%
700万円 600万円超
700万円以下
800万円 700万円超
800万円以下
1.7%~
4.8%

  • 他社での借り入れがある方は金利で比較を

他のカードローンやキャッシングを利用している方で、今の返済負担が大きいと感じているのであれば、上記のオリックス銀行カードローンでの適用金利と比較をしてみましょう。借り換えや一本化を行うおまとめローンで金利が下がるようであれば、オリックス銀行カードローンの利用を考えてみると良いです。

毎月の返済金額は大きくない

限度額によっては金利が低くなるオリックス銀行カードローンでは、毎月の返済額は借り入れの残高によって決まるようになっています。限度額が大きいとしても借りている金額が小さければ最低返済金額は小さく抑えられ、余裕のある返済が進められるのが特徴です。

月々の返済は多くできないといった方でも、オリックス銀行カードローンなら30万円以下の借り入れで7,000円の返済、30万円超50万円以下の借り入れで10,000円の返済と負担を抑えて毎月の返済が進められます。

また、金利は限度額によって決まるオリックス銀行カードローンでは、例えば限度額が300万円超400万円以下であれば適用される金利は年4.5%~8.8%の範囲内となり、仮に審査の結果で年8.8%の契約となったとすると、借り入れ金額が5万円であっても10万円であっても金利は年8.8%のままです。

少額しか借りないからと限度額を100万円未満とすると金利は年12.0%~17.8%となりますが、限度額を大きく持っておけば毎月の返済金額は同じであっても金利の負担に大きな差が生じます。

金利が低くなれば同じ返済金額でも利息が占める割合が減るため、返済期間を短くして完済ができるようになります。利息は利用者にとっては無駄な出費でしかなく、減らせる借り方ができるのであれば積極的に減らしていくのが理想です。

借り換えやおまとめとしてオリックス銀行カードローンを利用する場合でも、目的の第一に利息負担の低下があります。利息を減らせば返済も進めやすくなりますので、借りる際には返済のシミューれションなどで利息負担を良く見ておきましょう。

口座開設が不要となる手続き

カードローンを利用する上で重要となる金利や返済について知ったところで、オリックス銀行カードローンの申し込みから契約までの手続きについても見ておきましょう。

オリックス銀行カードローンはネットでの申し込みの限られる商品となり、他の銀行や消費者金融では行えるような店頭窓口や電話、FAXなどによる申し込みには対応をしていません。最近では消費者金融でもネット申し込みが中心となっているため、他の方法で申し込みができないとしてもオリックス銀行カードローンが不便になるわけではありません。

申し込み後の審査回答は最短即日で、審査回答後の契約に関しては申し込み同様に来店不要です。また、銀行ではカードローン契約の際に同時に口座開設が必要となる場合が多いですが、オリックス銀行カードローンでは不要としています。

  • カードの受け取りは郵送のみ

審査通過後のカードの受け取りは郵送で、オリックス銀行の封筒に入って届けられます。封筒にはオリックス銀行名とカードデスクの差出人の記載がありますが、カードローン以外のオリックス銀行からの郵送物も当然ながら差出人名はオリックス銀行となるため、中身を見られなければカードローン契約書類やカードが入っているとは気付かれにくいです。

受け取ったカードは全国の対応をする提携ATMで使え、限度額内であれば何度でも再申し込み不要で繰り返し借りられます。提携ATMの利用手数料は終日無料で、平日の夕方や夜間でも土日でもいつでも無料です。

追加での借り入れを行うにも任意での返済を行うにも提携ATM手数料がかからないのがオリックス銀行カードローンの強みの一つでもあります。

オリックス銀行カードローンの初回の借り入れはカードが届いてからとなるため、申し込み当日の即日融資の利用はできません。契約後であればカードを使った最短即日融資も可能となりますが、申し込みをしたその日のうちに借りられるわけではないので注意が必要です。

専業主婦には対応をしていない

最近では配偶者の安定した収入で利用ができるソニー銀行カードローンのような銀行カードローンも増えていますが、オリックス銀行カードローンでは自身に収入を持たない専業主婦の方は利用対象外となっています。

安定した収入があれば、年収の制限が設けられているわけではないのでアルバイトやパートの方でも申し込みはできますが、やはり銀行のカードローンといったことを考えると申し込みができたとしても審査の通過となると難しいです。

アルバイトやパートの方、あまり収入が多くない方はどちらかと言えば消費者金融の利用が適しており、金利が低くなる銀行カードローンへの申し込みは控えた方が良いです。申し込みをしてみないと審査は分からないと考え、通る見込みが薄いカードローンの申し込みをしてしまうと、信用情報に余計な履歴を残してしまいます。

信用情報機関にはカードローンの申し込みに関係する履歴が一定期間残り、履歴が多ければ多いほど今後の審査に不利になると言われています。

ある程度の収入がある方で現状での返済が正常にできている方ならオリックス銀行カードローンの申し込みには問題はありませんが、収入面で不安がある方、返済が遅れているなどの状況の方は申し込みは控えるべきです。

  • 半年間は残る申し込みに関する履歴

信用情報機関に残る申し込みに関する履歴は、半年間となっています。正確には申し込みの履歴ではなく、どの会社がいつにどのような目的で信用情報の照会を行ったかの履歴となり、借り入れの状況と紐付けして申し込みの履歴として扱われています。

申し込みはミスなく正確に

ネットでの申し込みとなるオリックス銀行カードローンは、入力をする内容にミスがないように気をつけてください。著しいミスがあるといた悪戯として扱われて正しく審査がされなかったり、または審査がされるとしても結果に悪影響を与える可能性があります。

虚偽の記載をしないのももちろんで、申し込みの内容はミスなく正しくが基本中の基本です。間違った点があれば確認のために余計な連絡が入る場合や、審査時間が長引くことにもなります。

なるべく不利なく審査を受け、余計な審査時間をかけないためにも、申し込み内容には十分に注意をしてください。慌てて入力をするとミスが出てしまいますので、何度も確認をした上で申し込みを進めるようにしましょう。

どのように入力をすれば良いのか分からない場合には、直接電話をかけて確認をしてください。間違った内容となると余計な時間がかかってしまう可能性があるので、しっかりと確認をした方が良いです。

トップへ戻る