おまとめローンでキャッシングの一本化が出来る、低金利の借り入れ先に注目です。

来店不要で契約ができる

ネット銀行のソニー銀行が提供するソニー銀行カードローンは、ネットからの申し込み手続きで来店不要の契約が可能となっています。銀行の契約は面倒で時間がかかると感じている方も多いですが、ソニー銀行カードローンは24時間いつでも申し込みができ、審査の結果連絡は回答時間内であれば最短60分となっています。

申し込み状況や審査の内容、結果によっては回答に時間を要する場合もありますが、銀行でのカードローンの中でも早い審査回答時間は、ソニー銀行カードローンの一つの魅力です。また、早い審査ながらも金利は年2.5%~13.8%と低水準に抑えられており、借り換えやおまとめとしての利用も認められているために幅広く役立つカードローンとなります。

今の借り入れ先の金利が高いと感じている方、複数のキャッシング利用で返済が手間や負担になっている方は、ソニー銀行カードローンを利用するおまとめの一本化で、今後の返済が楽になる可能性があります。

カードローンの利用条件

ソニー銀行カードローンは金利から見れば申し込み条件自体はそこまで厳しく定められておらず、満20歳以上65歳未満で安定した収入があり、日本国籍の方か外国籍でも永住権をお持ちの方であれば申し込みが可能です。

申し込み後の審査は保証会社となる大手消費者金融のアコムが行い、アコムの保証が受けられる方がカードローンの利用をできるようになります。

低金利のカードローンでは年収や勤続年数、雇用形態の制限が設けられている場合が多いですが、ソニー銀行カードローンでは特には定められていません。しかし、申し込み条件に定めていないだけで審査では重視がされますので、アルバイトやパートなどの収入状況が弱い方は、ソニー銀行カードローンの利用は難しくなります。

  • 専業主婦でも50万円まで利用可能

おまとめローンとしての利用ではなく、通常のカードローンとしてソニー銀行カードローンから借りるのであれば、配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも50万円までは利用が可能です。他の専業主婦対応カードローンと比べてもソニー銀行カードローンは金利が優れた内容となりますので、返済の負担を抑えたい方も安心です。

限度額によって決められる金利

ソニー銀行カードローンの金利は、限度額ごとにそれぞれ決められています。段階的に限度額に応じて金利が変わり、大きな金額を借りる契約となれば金利も低くなっていきます。

おまとめローンとしてソニー銀行カードローンで借りる場合には、借り入れ金額も大きくなることが考えられます。消費者金融などの高い金利のキャッシングを複数利用している方は、まとまった金額をソニー銀行カードローンで借りれば低負担の一本化も可能となります。

限度額 10万円 20万円 30万円 40万円 50万円
金利(年) 13.8%
限度額 60万円 70万円 80万円 90万円 100万円
金利(年) 12.8% 9.8%
限度額 150万円 200万円 300万円 400万円 500万円
金利(年) 9.0% 8.0% 6.0% 5.0% 4.0%
限度額 600万円 700万円 800万円 金利は年利となります
金利(年) 3.5% 3.0% 2.5%

余裕のある返済金額

限度額ごとに決められた低負担の金利が魅力となるソニー銀行カードローンは、毎月の返済金額についても負担が抑えられるようになっています。中には金利が低くても月々の返済金額が大きくなっているカードローンがありますが、ソニー銀行カードローンは低金利であるのに加え、毎月の返済額も少ないのです。

月々の最低返済金額は借り入れ残高によって決められており、少額の利用であれば限度額がいくらであろうと、毎月の返済額は少なくなります。最も少額となると10万円以下の借り入れ時で、月の返済金額は2,000円です。

大きな金額を借りると返済額も大きくなりますが、それでも100万円の借り入れ時でも12,000円、100万円超150万円以下なら15,000円と、ある程度の金額を借りるとしても負担は抑えられます。

  • 細かく複数から借りていると負担が大きくなる

総額で150万円程度の借り入れがあるとした場合、高い金利となる消費者金融で何社からもばらばらに借りていると、月々の返済は総額で大きな金額となります。それぞれで最高となる上限金利が取られている場合も多く、ソニー銀行カードローンでおまとめを行うことによって金利の低下に加え、月々の返済金額も少なくなるのです。

余裕があれば任意の返済も可能

ソニー銀行カードローンでは毎月の返済以外にも、お金に余裕があれば任意での返済もできるようになっています。全国の対応するATMで素早く返済ができ、返済に関しては何度でも手数料が無料でATMの利用ができます。

任意での返済をより多く進めておけば、効率的に借り入れ残高を減らせるので負担が軽くなります。残高が減れば月々の最低返済額も少なくなっていき、発生する利息も抑えられます。

何も最低額の返済しかできないわけではないので、金利に優れるソニー銀行カードローンをもっとお得に賢く使うのであれば、お金に余裕があるときにはどんどんと積極的に返済を進めておくべきです。

毎月の最低額の入金は済ませたからと余剰資金の無駄遣いをしてしまうのではなく、お金を借りているうちは極力、無駄な出費は控え、お金に余裕があるなら返済に回すと良いでしょう。

ソニー銀行カードローンは限度額内なら繰り返しの借り入れができるため、多くの返済をしてお金が足りなくなってしまったとしても追加で借りられます。限度額が0円となっていると利用はできませんが、特にトラブルもなく再び借りられる状態であれば、返済をした後に再申し込み不要で借りられます。

一定額まで所得証明不要

消費者金融では50万円を超える場合、または他社との合計で100万円を超える借り入れとなる場合に必要となる所得を証明する書類は、ソニー銀行カードローンでは300万円まで原則不要となっています。まとまった金額まで提出が原則不要となるため、少額のおまとめローン利用においてもソニー銀行カードローンは適しています。

提出書類が少なく済めばそれだけ手続きも進めやすく、手間がかかりません。どこでも必要となる本人確認書類は免許証や保険証などいつでも持ち歩いているものですが、所得証明書類となると常に持っている方は多くありません。

提出が必要となれば用意をしなければならず、手元にすぐに用意ができればよいですが、見付からない、手元に無い場合には手続きが進まなくなってしまいます。

面倒な書類の提出が不要であれば外出先からでも素早い手続きが可能となるため、300万円まで所得証明が原則不要となるソニー銀行カードローンは優れているのです。

  • 審査の結果によっては必要となる場合も

申し込みの内容や審査の結果によっては、300万円を下回る金額であっても所得証明書類が必要となる場合があります。あくまで原則不要となりますので、提出を求められた際にはなるべく早めに提出ができるようにしておくと良いでしょう。

申し込みを進めるにあたって

おまとめローンとしてソニー銀行カードローンを利用する際には、現状での返済がしっかりとできていることが最低条件となります。返済が既にできなくなっている方はソニー銀行カードローンの審査には通りませんので、申し込みをするだけ無駄となります。

また、どこからも借りられないような状況の方も同じく厳しいです。一般的に金利が低いほど審査も厳しくなりますので、ソニー銀行カードローンよりも金利が高い消費者金融で立て続けに審査に落ちている方は、申し込みをしたところで借りられる見込みはありません。

安定した収入があり、現状の返済も問題なく行えていれば、ソニー銀行カードローンでのおまとめローンの利用ができる可能性はあります。しかし、現状での問題があるにも関わらず申し込みをしたとしても、ソニー銀行カードローンに限らずどのカードローンでも利用ができる可能性は限りなくゼロに近くなります。

おまとめローンは広い範囲の借り換えとなりますので、返済が正常にできていない方への貸付はどこも行いません。返済能力を超える借り入れをしてしまっている、返済ができなくなっているような状況の方は、おまとめローンではない解決方法を考えてください。

トップへ戻る